茶碗屋・migaku・のつれづれ日記

福島でアットホームな陶芸教室をやっている私。日々の暮らしや作品の紹介、販売もします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えさせられました




ご近所の旦那様が亡くなりました
まだお若くて中学生の女の子がいる方でした
なんども町会の行事などでお会いしていた方でした
ご冥福をお祈りいたします

そして我が事に置き換えてみました
我が家は転勤族だったので近くに親せきが居ません
今もし私とダーリンが一緒にもしものことがあったら、すべて子供達がやらなきゃいけなくなります
親が居なくなって悲しい(絶対そうよ)時にまわりに助けてくれる人もいない状態で・・・
考えたら焦っちゃいました
とにかく元気なうちにもしもの事を考えておこう
互助会にでもはいろうか、もしもの時の事を文書にして残しておこうか
ダーリンと本気で考えました

うちの義兄は50歳という若さで亡くなりました
突然だったので残された家族は大変でした
金庫のナンバーも本人しか知らないし
だいじな書類が何処にあるのかも解らない
まー本人もそんなに早く亡くなるとは思ってなかっただろうけど・・・

その時も思ったけど今回はなんかもっと切羽詰まった感じがする
いい最後を考えるってことは、いい人生を考える事ってどっかの和尚さんもいってたし

考えさせられた自分の最後
ゾウみたいにひっそりと誰にも知られず、誰にも迷惑かけずにいけたらいいけど
そんなの絶対無理だから、ちょっとでもみんなに迷惑かけないように、今から考えておこう
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。